読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

南Q太のシングルマザー同居漫画が面白いし百合っぽい

南Q太の新作がシングルマザー同士の百合っぽくて最高に面白い。

Pop Life | ふんわりジャンプ

めんどくせえ旦那がいなくて、女子だけで子供を育てるパラダイス。それは「ピンクペッパー」の主人公、しょう子が旦那にイライラしているときに妄想していた、子供と自分だけで自由に暮らすパラダイスと似ている。

ピンクペッパー (1) (Feelコミックス)

ピンクペッパー (1) (Feelコミックス)

ピンクペッパー 2 (Feelコミックス)

ピンクペッパー 2 (Feelコミックス)

(2巻だったかな)
しかししょう子はひとりであった。
新作「pop life」は女子(シングルマザー)ふたりである。
ずっと一緒に暮らしていくという前提のもと、シングルマザーさくらと明海はふたりで新しい冷蔵庫を買っていた。

南Q太は、百合っぽさを匂わせるのがとてもうまい。どきっとする。
「ひらけ駒!」のレイ子先生とか、かなり際どかった。


私は百合に憧れがあり、精神的なつながりを持つ特別な存在の女の子、が欲しいと思っていて、そういう存在がいれば私は物語の主人公になれるような気がする、そんな妄想を抱いている。
しかし物語の主人公になりたいと思うことは、基本的日陰者の自分にとっては恥ずかしいことであるとも思っているので、この願望は大っぴらにはできず、ふだんは鍵つきの箱の中に仕舞ってある。(大事なもの、というよりは人の目に触れさせてはならないものとしての仕舞い方)
時々、羨ましい女子同士の関係に触れると、箱の中から私はそれを取り出すのだった。

Pop Life | 第10話。これすごい好き。
さくらと明海が、一緒の布団で昼寝をする。暖かくて幸せな午後。眠る明海を見て、さくらは「明海さんお母さんみたい、私もお母さんだけど」「年いってからこんなふうな友達ができるなんて思わなかったよ」って思う。
あー、いいなあ。なんなのこの安心感。

独り身になって、しんどくなっても、新しいパートナーは、旦那じゃなくてもいいんだね。




で、百合とは関係ないけど、かえでって将棋やってて、「ひらけ駒!」の宝同様、南Q太の息子が思い出される。
私生活が漫画に滲み出る人なので、きっと息子さんも高校生になったのだろう…としみじみしてしまう。