読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

志村貴子 娘の家出

 

娘の家出 1 (ヤングジャンプコミックス)

娘の家出 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 志村貴子の新刊だ!嬉しい楽しみ!

で、やっぱりすごく面白かった。私は志村貴子が大好きだなあ。

 

1話完結型で、親が離婚してしまった少女たちが入れ代わり立ち代わり、主人公になっている。

離婚したお母さんが主人公の話もあったけれど、どれもこれも、みんなかわいい。

かわいくておもしろくて、切なくて、泣けてくる。(実際泣いた)

 

好きなのは、「夏のお嬢さん」。

お隣に住む、美少女(一つ年上)えみりちゃんに憧れる女の子、ひめこが主人公。

ひめこは、小さい時に、「お隣のえみりちゃんはおけいこ事があるから遊べないのよ」と、仲を引き裂かれる。

その理不尽さに、

「じゃあいいよ

もう いい

はいはいはいはい

さーよーおーなーらー」

と、思う。

このモノローグがすっっごいいいよね!!

 

あと、「青い果実」もいい。

不倫をしてしまったかなこが、友達の、初めてできた彼氏にはしゃぐ姿を見て、「あたしのって…全然恋じゃない…」と思う。

不倫相手は、お父さん代わりのようなおじさんだった。

かなこは、離婚して、離れて暮らしているお父さんが大好きだ。

小さいころ、お父さんのお嫁さんになると言って、お父さんが、うれしい、と言ってくれ事を思い出し、

「なんでこんな人としちゃったんだろうあたし……!!」

と、激しめに後悔するのだった。

うん、うん。それが正解、後悔するのが正解。

かなこは、ビジュアル的には細い目であんまりかわいくないのだけど…かわいいわ~~

 

サブタイトルが、全部昭和の名曲、っていうところも、素敵。