読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

皆川博子 巫女 自選少女ホラー集

小説

 

巫子―自選少女ホラー集 (学研M文庫)

巫子―自選少女ホラー集 (学研M文庫)

 

 「少女ホラー集」ですって…期待しすぎて震えが来ますわ。

そして期待通りの内容。行先は落とし穴、ってわかっているけど進むしかないストーリー。(?)

 

私はループする話が好きで、というか現在過去未来が入り混じっている話が好きだ。

例えば、手塚治虫火の鳥 異形編」なんかその最たる例。

主人公は話の冒頭で人を殺してしまうけど、殺したのは未来の自分で、話の終わりにまた過去の自分に殺されてしまう…それがずっとループしている…みたいな。

こんなの大好き。

「流刑」がそんな話で私歓喜。

九州だろうな、って言う方言が飛び交う地方のお祭り。神楽。

梅毒(たぶん)でおかしくなってしまったおじさん、それを世話するおじさんの歳の離れた青年の弟、その青年を恋する少女(7歳くらい)、その何となく甘いような、いやいや情念煮えたぎりすごいですな、また何となく禁忌ぽいですな、というような暗い感じがむずむずする。

 

なんですかね、幼い少女だろうがなんだろうが女は女、甘く見てたら地獄を見るよ、という少女の執念が全体的に漂っている。

うしし。

「骨董屋」もよかった。

これも未来と現在が入り混じっていた。