読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

三島衛里子 私立ブルジョワ学院女子高等部外部生物語

超おもしろかった。
私は三島衛里子さんが好きなので超おもしろかった。

お嬢様学校の外部生としてのハイスクールライフ。
ほう…そういうスクールライフもあるのか…と思う。
やっぱり東京は違うねえ。
三島さんは東京生まれであるけれども、地元は田舎だそうだ、
いやしかしだね…マジもんの田舎はいくら勉強ができてもお嬢様学校が存在していないので、しがない地味な公立(私の田舎は公立のほうが偏差値が高かったんだ…)に行くしかないので、東京に住んでるってやっぱ違うわ、と思う。
「お嬢様学校を目指すことが可能」てのが違うわ。差を見せつけられたよ。

それでもやはり三島さん寄りの庶民、そしてミーハー心満載なので楽しく読めた。
三島さんの表現がおもしろいのだよ。


しかし、三島さんとはがっつり同年代であることがわかってうれしい。
ルーズソックス、封神演義、ヒスのバッグ、とか。