読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

東京心中2 ユカさんの思い出の話

「愛してるって言わなきゃ殺す」ですね、東京心中2は。

 

本編に関係のないエピソード過ぎるんだけど

ものすごく印象に残っている、

ユカさんの「ハッキリ言わなきゃダメ」エピソード。

 

小5のユカさん、クラスメイトの女子に「好きな子いる?」ときかれて、

正直に「デューク東郷」と答える。まさかのゴルゴ13

クラスメイトに「そういうんじゃなくてちゃんと男の子言ってよ」

「アイドルもダメ、私のわかる子言って、このクラスじゃないとダメ」

とか言われて「なに言ってんだコイツ」と思いながら適当に

「じゃあ佐藤君」と言ってしまうユカさん。

それからクラスメイトのウザい行動が始まる。

「ユカ、佐藤君がサッカーしてるよ見なきゃ」

「佐藤君がこの水道使ったよ早く触らなきゃ」

「佐藤君の机に髪の毛落ちてたの拾っておいたからあげるね」。

…「気持ちわりーないらねーよそんなもん!」ってキレてしまったユカさんは

クラスメイトの女子にヒソヒソされるのだった。

 

うおおおお!!

この、女子のウザさ!

かーっ、ぺっ!

 

私も中学の時にこのような経験があり、

なんでか知らないけど、

部活仲間が「これからみんな、好きな男子に告白することにしよう!」って盛り上がった。

好きな男子などいなかった私は

「は?いねえよそんなもん…こいつら大丈夫か?」って思ったもんだ。

そしたら、ほんとにみんな次々と告白してやんの。

私は友人のラブレターを渡すために

全然、話したこともない先輩を呼び止めたりしてさ、

もうほんとに逃げ出したかったよね。

私?私は、好きな人いないんだー、ごめんね、

って感じに逃げたら

うわこいつサムい、ってみんながスーッと冷めていくのを感じた。

ほんとに勘弁して、あの女子の世界。

 

だから、ユカさんのエピソードは「わかるわかる!!」ってかんじで

嬉しく思いながら読んだ。

ユカさん、好き。

 

BLの女キャラにこんなに思いを馳せてるってのもどうかと思うけど

だってあれはものすごい同調もので、素晴らしいんだもの。