読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

読書メーター

読書メーター

先月からはじめた読書メーター、いいかんじなのかどうか、ただ読んだ本を記録したり読みたい本、買いたい本リストのメモ代わりに使っている。
1月の分をブログに貼り付けられる機能があったのでつかってみよっと!
2015年1月の読書メーター
読んだ本の数:22冊
読んだページ数:4122ページ
ナイス数:28ナイス

アオイホノオ 2 (少年サンデーコミックススペシャル)アオイホノオ 2 (少年サンデーコミックススペシャル)感想
キャプテンハーロック!!
読了日:1月30日 著者:島本和彦
ドントクライ、ガール (ゼロコミックス)ドントクライ、ガール (ゼロコミックス)感想
最後に収録されてる短編がすごくいい。愛憎入り交じり。
読了日:1月30日 著者:ヤマシタトモコ
ワーカーズ・ダイジェストワーカーズ・ダイジェスト感想
ふたりの佐藤さんよ、仲良くなれ!せっちゃんも、がんばれ!
読了日:1月29日 著者:津村記久子
さくらの唄(下) (講談社漫画文庫)さくらの唄(下) (講談社漫画文庫)感想
私が三ツ輪先生だったらだいぶ初期で死んでる。
読了日:1月28日 著者:安達哲
さくらの唄(上) (講談社漫画文庫)さくらの唄(上) (講談社漫画文庫)感想
ねーちゃんとノヒラ君がすきだ。
ノヒラ君の「とにかく僕はああいうのみてると涙がでてくるんだよ」ってとこ、よくわかる、私女だけどわかる。わかる気がするだけかもしれんが。
青春は、少しだけ希望を残して終わる…が、下巻が怖すぎる…
読了日:1月25日 著者:安達哲
百合アンソロジー ユリボン (バーズコミックス デラックス)百合アンソロジー ユリボン (バーズコミックス デラックス)感想
ふわふわしてるな。
読了日:1月23日 著者:ほか渡辺ペコ
私を連れて逃げて、お願い。1 (ビームコミックス)私を連れて逃げて、お願い。1 (ビームコミックス)感想
松田洋子さんの描く、切羽詰まった人の表情よ。しかしテンポが掴めない!
読了日:1月23日 著者:松田洋子
ここは退屈迎えに来て (幻冬舎文庫)ここは退屈迎えに来て (幻冬舎文庫)感想
どれも面白かった。「アメリカ人とリセエンヌ」の主人公のアメリカ人に生まれたら妄想は、小気味良くてあまりにも完璧で私も泣けた、そして自分の妄想でしくしく泣くのは乙女のたしなみだ、乙女にはそういった泣く時間が生活のなかに存在しているのだ。
読了日:1月21日 著者:山内マリコ
ラブ・ボーイ・ラブ 1 (裏少年サンデーコミックス)ラブ・ボーイ・ラブ 1 (裏少年サンデーコミックス)感想
盲目的に好かれるっていうのはけっこう気持ちのよいものなんじゃないかと思う。
読了日:1月20日 著者:はらまさき
少年式少女(1) (アフタヌーンKC)少年式少女(1) (アフタヌーンKC)感想
タイトル素晴らしい。が、皮膚に現れる芋虫がだんだん増えてくのがものすごい、ぎゃああああああ!!!!やめてえーーー!!!と、思った。
読了日:1月19日 著者:和田依子
アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)アオイホノオ 1 (ヤングサンデーコミックス)感想
そうだ、ドラマ見たし原作よもっと。
とんこさんより津田さんがかわいいな。
読了日:1月18日 著者:島本和彦
刺星刺星感想
かわいいな。
「上等な漫画」という風情。
制服がボーイスカウトのよう。
読了日:1月15日 著者:中野シズカ
さよならガールフレンド (Feelコミックス FC SWING)さよならガールフレンド (Feelコミックス FC SWING)感想
表紙がすてき。
ビッチ先輩と私。くだらねえ彼氏よりビッチ先輩が好きだったんだね。
主人公の、可愛いげのない冷めたかんじが好印象。

あとは、28歳のみじめな漫画がよかった。
読了日:1月15日 著者:高野雀
亜人(4) (アフタヌーンKC)亜人(4) (アフタヌーンKC)感想
1~3巻をいつ読んだのか忘れたので話を忘れていたけど、佐藤の殺戮にはしびれてしまった。旅客機をおとす、あの一連!面白いな、この漫画。
読了日:1月14日 著者:桜井画門
海月姫(15) (KC KISS)海月姫(15) (KC KISS)感想
やっぱり蔵之介は最強最高のキャラクターで、男バージョンはかっこよすぎるし女バージョンはかわいい美人いい女!で見ていて楽しい。まわりの全てが霞む。
天水館では、ジジ様が地味に頑張っていてなける。こんなに本気でジェリーフイッシュの未来を考えていたとは。ジジ様のがんばりぶりがどうなっていくのかそれも超気になる!
読了日:1月13日 著者:東村アキコ
刻刻(5) (モーニング KC)刻刻(5) (モーニング KC)感想
人間の意思を保ったままカヌリニ化ってどうなるの。そして止界のなかの緊迫状態であっても樹里とじいちゃんが日常を思い出させてくれるのがおもしろいな。
読了日:1月12日 著者:堀尾省太
ポトスライムの舟 (講談社文庫)ポトスライムの舟 (講談社文庫)感想
安定しない職業のアラサー女性独身の悲喜こもごも、しかし安定しているかにみえる主婦の女友達も全然安定していないのだった、だけど生きるよ、それなりに。
読了日:1月11日 著者:津村記久子
BLEACH 66 (ジャンプコミックス)BLEACH 66 (ジャンプコミックス)感想
ゾンビ娘の男設定生かされてないよ!
読了日:1月10日 著者:久保帯人
二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)二度はゆけぬ町の地図 (角川文庫)感想
いつもダメすぎて笑える
読了日:1月8日 著者:西村賢太
あれよ星屑 1 (ビームコミックス)あれよ星屑 1 (ビームコミックス)感想
シブイ話なのかと思ったらコミカル、雑炊の中から使用済みコンドーム、たのしそうな性交、缶詰めかと思ったら爆弾。門松はかわいい。菊ちゃんの闇。
読了日:1月8日 著者:山田参助
スイミング (ヤングジャンプコミックス)スイミング (ヤングジャンプコミックス)感想
恋のはじまりのはじまりのはじまり、存在を確認して、それから、の男女。かわいい。
読了日:1月3日 著者:福島鉄平
アマリリス (ヤングジャンプコミックス)アマリリス (ヤングジャンプコミックス)感想
ふたり、はたのしくてさみしくて壊れやすい。
女装、ダイバダッタをおもいだす。
読了日:1月3日 著者:福島鉄平

読書メーター

ここで記事にできてないやつばっか。
びびる。
が、あれよ星屑とか福島鉄平とかさよならガールフレンドとかさくらの唄とか記事にしたい。