読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

諌山創 進撃の巨人14巻

 

進撃の巨人(14) (講談社コミックス)

進撃の巨人(14) (講談社コミックス)

 

 本屋に、進撃の巨人のいろんなシリーズの本が並べられていて、一体どれが本物(?)なのかわからなくなるほどだった。

スピンオフも多くてすごいな、席巻しているな、と思う。

前巻、どこで終わってたっけ?で話がよくわからなくなる。読み進めても、分からなかったりすると、ババアになったな、と思う。高校生の頃の私だったらこんなことにならない。

 

私は常々、リヴァイ兵長の異常なほどの人気ぶりに引いていた。リヴァイ兵長が主役のスピンオフ作品が掲載された雑誌が瞬く間に売り切れ、という漫画ニュースを見たときは戦慄した。

すげえ…なにがそこまで…

と思っていたけど、なんか、この14巻で、わかったような気がする。

なんだろ…最強キャラだった人の師、的なキャラが出てきてめっちゃ強くて、最強キャラがピンチの局面を迎えてしまう…という設定が私は好きらしい。

というわけで、リヴァイ兵長が部下全部殺されてピンチっぽくなっていて、それを切り抜けるシーンがるのだけど、あ、あれ…かっこいい…!!と思ってしまった。

やっとわかったよみんな!!

 

全然関係ないけど

この本を買う時、レジに並んでいた前の女の人が、「anan セックス特集」を買っていて、「ヒイッ!」と思った。別に、どぎついエロ本であろうがこっ恥ずかしい表紙のBLだろうが、私は誰がレジに持っていっているのを見ても動じないけれど、「anan セックス特集」を持って来られると…

なんだろ、生々しいんだよ…あ~怖い。