ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

さらざんまい楽しかった2019

また間があいてしまった。

ここ数ヶ月はアニメのさらざんまいばかり見ていて、カッパはかわいいな…となり「河童の三平でも読むか」みたいな迷宮に入り込んでいて、このままだとさらざんまいの舞台の浅草じゃなくて遠野とかに行きそうです。

とにかくわけのわからないアニメだった、わけがわからないまま圧倒されて、「わけがわからないけどすごいから、も、もう一回みるか…」で繰り返し視聴するはめになり、いつのまにか劇中歌の「さらざんまいのうた」「カワウソイヤァ」を口ずさんでいて、待ちわびた放送を見て「おい今週カワウソイヤァないぞ」とざわついてカワウソイヤァききたいから先週の録画を再生する、というさらざんまいループを繰り返す数ヶ月でした。もういいかげんにしたい。しかし、つかめサクセス。

 

私はこのアニメを「肛門アニメ」という新しいカテゴリに入れた。もうこのカテゴリはさらざんまいオンリーになるだろう。なんだよ肛門アニメて。

カッパの王子に尻子玉を抜かれてカッパになる3人の少年たち(メインキャラ)は、「尻子玉リレー」によってその秘密を共有する。

女装していること、親友に恋心を抱いていること、犯罪に手を染めていることなど…これらが「彼らのヤバめの人に言えない秘密」なのだけど尻子玉とともに強制的に肛門から漏れてしまい、皆(3人のあいだ)に知られてしまうのだった。何を言っているのかわからないがとにかくそうなるんだ。

「人に言えないくらい恥ずかしいこと、秘密にしたいこと」イコール肛門、という図式は私は過去にみたことがある。

そう!アメトークの「読書芸人」だ!(そう!とか言っても4年も前の番組だから皆覚えていないとおもう)

読書芸人では、好きな本をおすすめすることは「肛門をみせるようなもの」として扱っていた。

そして人におすすめできない本当に好きな本は「本当の肛門」として、 見せられたもんじゃないと。

こんなことを若林が言っていたのを、私はとても覚えている。

尻子玉は、本当の肛門だったのかあ…(違う)

でもこれは、つながりたいけどつながれないこととなんとなく、似ているなあと思っています。

好きなことはさらけだしたいけど、でもさらけだして引かれたらもう立ち直れないからね。

 

さてもう一周するか。

 

 

バナナフィッシュ楽しかった 2018

バナナフィッシュおわった…
最高だったね。
アッシュが色んな服着てるとか、ショーターのビビッド感とか、ヒロイン英二のどんくさい服装とか。
昔々に原作を持っていたが手放した、私のようなうすらバナナフィッシュファンにはストーリーも目新しくうつり、楽しめた。


そして普通なことを言うが、アッシュが見目麗しい。楽しい。
それでアッシュは大概流血してる。
痛めつけられては脱走を繰り返してもうアッシュに苦しんでてもらいたい世界だった。
アッシュはズタボロにされてなんぼ。
お気に入りキャラクターは痛めつけられて欲しい私、毎週山姥のように「ヒッヒッヒッ…」って思ってた。


そしてアッシュはよく泣く。
また泣いてる!?って思うくらいよく泣いていた。
そのたびに、アッシュはまだ子供なのだと思う。
だからあんなに…ショタコンのじじいどもにモテモテだったんだなと。


最終回は、結末は知っていたのでお腹がギュっとなりつつも、シンとブランカのコンビ超かわいかったことなどが印象にのこる。
シンは本当にいい奴だった。
アッシュに「強情っぱり!!」って。かわ。
ユエルンにも優しい。かわ。
私が変態じじいだったらシンも手に入れたいと思う。と思う。


後半、でっ、電動ドリルーーー!!あーー!!!

と脇腹を押さえたものの
実質、戦闘のラストは復活したじじいvs復活したじじい、だったね。
アッシュは本当に変態じじいにモテすぎだった。
若者からは慕われるかめちゃくちゃ憎まれるかで、劣情を抱くのはいなかったと…思う…
刑務所では仕方ないとして、どうなんすかね、そこらへん。
変態じじいにしかモテないなんて悲しすぎる。


半年間楽しかった。まじで。
また最初から見てきます。

 

 

 

 

 


 

よしながふみ「きのう何食べた?」14巻

いや1年経ってる!ま、ええか。

きのう何食べた?(14) (モーニング KC)

きのう何食べた?(14) (モーニング KC)

 

 

きのう何食べた?」の最新刊、14巻を読んでいました。
これおもろいよね。しみじみと思う。

シロさんの上司の大先生とよばれるおばちゃんの「あたしここのが世界で一番好きな豆大福なんですよ…!!」ってコマがベストオブナイスコマ。
背景はベタで顔には影。
危機!って演出だったので、うれしい!ってよりも衝撃!っていうのが笑えた。
そして「世界で一番好きな豆大福」があることの幸せ。
まあ…私はベタだけど京都の出町柳の…ふたばが…好きだな、思い出した、ありがとう。

あとは佳代子さんの孫もう小学生なの!!?ってナチュラルにびびったし、志乃さん夫婦はめっちゃ素敵やし(男性も、子供まだ?プレッシャーはあるよな)、ジルベールのあまのじゃくがみんな(いや…小日向さん、シロさん、ケンジの三人だが)に受け入れてもらえてるとことかが、読んでて嬉しいし楽しい。


人間模様を描いているのに説教くさくない。
とてもいい。(いやメインは料理なんだろうけど)
なんで説教くさくないんだろう…と思っていた。
で、14巻を読んでいてなんとなくわかったことは、
キャラクターが自分の思い込みで行動する→のち、なんらかの形で、あっ、あの行動もしかして間違ってた!?とか、そうか、こういうことだったんだなって気付く、ってパターンが多いような気がする。

なんらかの形、っていうのが、雑誌の記事であったり、妻の話であったり、恋人との会話だったり、する。
「自分で気付く」のが大事。

説教されて気付くのは、精神衛生上、よろしくない。
実生活でも創作物の中でもね。

(この漫画読んで、めっちゃ考えて料理してるやん…おかずめっちゃ作るやん…っていうプレッシャーはあるかもしれない)


 

8月読書メーター(2017)

夏もさっさと終わってしまいました。
さ、3冊!3冊…!?
この他に『鋼の錬金術師』全巻と、星野源『働く男』読みました。
鋼の錬金術師』は面白かったんですけど、面白さの優等生、みたいな感じでした。
鋼の錬金術師』が好きと声を大にして言える、後ろ暗さを持たずに済む、そんな感じです。わかりますか。わかりませんか。健康的、というイメージです。みんな大好きエンターテイメント。例えるならば遊園地。
一方私がボロ泣きした『たそがれたかこ』ですがまじボロ泣きでした。
これは「好き」と声を大にして言うのに後ろ暗さを持ってしまう作品で、私はこっちの方が好きですね。秘密の集会、という感じがします。私は遊園地より秘密の集会に行きたいですね。
もう少し更新したい。

8月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:488
ナイス数:18

サチのお寺ごはん 4 (A.L.C.DX)サチのお寺ごはん 4 (A.L.C.DX)感想
手間のかかる料理たちは一心に料理に取り組めるからいいよね、私も仲間がいたら作りたい。
読了日:08月26日 著者:かねもりあやみ 久住昌之 青江覚峰
たそがれたかこ(10) (KCデラックス BE LOVE)たそがれたかこ(10) (KCデラックス BE LOVE)感想
オーミのことを考えると気の毒だけどボロ泣き。我慢したことあれもこれも、いい思い出になんかなってない。わかる。
読了日:08月26日 著者:入江 喜和
スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジックスタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック感想
映画を見ているようで面白かった。大学の合格通知を受け取った時の、「未来が僕を追いかけて、とうとう僕を見つけてくれた。」のくだりはドラマティック。が、マインドフルネスに関しては「そういうこともあるのかなあ」という感じ。
読了日:08月18日 著者:ジェームズ・ドゥティ

読書メーター

7月読書メーター(2017)

7月はとてもよい読書ができた、と思います。
思えばクマと闘う話ばかり。「邂逅の森」「羆嵐」「ゴールデンカムイ」は本当に面白く、私やっぱりマタギが気になりすぎる。
BLではすてきな作家さんをみつけました。絵がレトロかわいい。
百合も読もうと息巻き読んでみた「荊の城」は愛憎渦巻くミステリーでした。19世紀のイギリスは薄暗くじめじめっとしているようです。「モード・リリー」という名前が好きでした。
引き続き、マタギ関連の本を読んでいきたいと思います。
7月の読書メーター
読んだ本の数:23
読んだページ数:3291
ナイス数:92

凪のお暇 1 (A.L.C.DX)凪のお暇 1 (A.L.C.DX)感想
しんどい会社や恋人から逃げて、何もない六畳に住む凪の生活、ものすごいキラキラして見える、あのなんのしがらみもない生活はパラダイス。それを茶化しに来る元恋人、君も病んでいるのかもしれないが嫌い、ほんとうに放っておいてほしい…しかし彼の存在がかなり効いていて面白いのも事実…
読了日:07月31日 著者:コナリミサト
荊[いばら]の城 下 (創元推理文庫)荊[いばら]の城 下 (創元推理文庫)感想
スウとモードが仲良いエピソードが読みたかった…ずっとすれ違いだったし。映像もみてみたい。
読了日:07月29日 著者:サラ・ウォーターズ
荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫)荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫)感想
第二部からとても面白くなる。19世紀のイギリスがどんなにジメッとしているかがよくわかった…
読了日:07月29日 著者:サラ・ウォーターズ
ゴールデンカムイ 10 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 10 (ヤングジャンプコミックス)感想
二階堂がとうとうサイボーグに…
鶴見中尉一派のイカレ具合も相当でたのしい。
読了日:07月25日 著者:野田 サトル
ゴールデンカムイ 9 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 9 (ヤングジャンプコミックス)感想
チカパシという勃起少年かわいい。白石の杉元に殺される妄想怖すぎ。そんな刺される!?刺されるかあ~!
読了日:07月25日 著者:野田 サトル
ゴールデンカムイ 8 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 8 (ヤングジャンプコミックス)感想
江渡貝くんがカオスすぎて微笑むしかない。二階堂なんで和太鼓打ち鳴らしてたの。
読了日:07月25日 著者:野田 サトル
ゴールデンカムイ 7 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 7 (ヤングジャンプコミックス)感想
生首さえもどうでもよくなる展開…ヒグマにひっかかれて焼きナス傷、オッサン同士のメロドラマ、何の話だったかわからなくなるよ
読了日:07月25日 著者:野田 サトル
ゴールデンカムイ 6 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 6 (ヤングジャンプコミックス)感想
食べてもいいオソマ。
珍しく美女出てきたと思ったら秒でオッサンと判明。
読了日:07月25日 著者:野田 サトル
羆嵐 (新潮文庫)羆嵐 (新潮文庫)感想
烏合の衆と化した男たちに対して、区長が見た、獲物を捉える銀四郎の姿がかっこいい。胃の中を調べるの凄くこわかった…
読了日:07月24日 著者:吉村 昭
ゴールデンカムイ 5 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 5 (ヤングジャンプコミックス)感想
谷垣が活躍してる!そして煌めくおっさんたち…
谷垣に二瓶鉄造の「勃起!」が移ってて嬉しい。アイヌのバンダナも似合ってるよ!
読了日:07月22日 著者:野田 サトル
ゴールデンカムイ 4 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 4 (ヤングジャンプコミックス)感想
マタギキャラの谷垣助かって良かった…!まだマタギ魂見せてくれよ。
あと、ギャグシーンの表情の作り方にうすた京介を感じるのは私だけですか。
読了日:07月22日 著者:野田 サトル
ゴールデンカムイ 3 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 3 (ヤングジャンプコミックス)感想
マタギ好きの私としては二瓶鉄造と谷垣が出会うこの巻めっちゃ好き。ぬははは…勃起
読了日:07月22日 著者:野田 サトル
ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)感想
レタラかっこよすぎ。
色々生で食べてもいいんだなって希望がわいてくる。いつか「アシリパさんこれ生で食べてたよな」って思い出してなんでも食べて山で生き延びてみたい。
読了日:07月22日 著者:野田 サトル
ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)感想
人皮を集めるとかかなり猟奇的なのにそれはさておきアイヌとかヒグマとか生で脳みそ食うとかてんこ盛りなので楽しい面白い
読了日:07月22日 著者:野田 サトル
鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)感想
絵がかわいい!
読了日:07月20日 著者:吾峠 呼世晴
白い薔薇の淵まで白い薔薇の淵まで感想
全員がぶっとんでると思った。もちろん喜八郎、君もだ。

読了日:07月18日 著者:中山 可穂
無罪世界 (ビーボーイノベルズ)無罪世界 (ビーボーイノベルズ)感想
ジジイとババアがいい感じすぎてジジイとババアが退場してから不穏の一途だったのでジジイとババア帰ってきて!って感じだった。
読了日:07月17日 著者:木原 音瀬
雑音 (バンブーコミックス 麗人セレクション)雑音 (バンブーコミックス 麗人セレクション)感想
どれもこれもいい趣味をしている…と思いながら読みました面白かった。あとがきにあった葬式BLってのすごい、いいですね。
読了日:07月15日 著者:春泥
月食奇譚 (EDGE COMIX)月食奇譚 (EDGE COMIX)感想
退廃しかない。殺し殺されみたいなのが好きなので良かった。
読了日:07月14日 著者:春泥
ガンバレ! 中村くん! ! (EDGE COMIX)ガンバレ! 中村くん! ! (EDGE COMIX)感想
全員がまんべんなくかわいい。
あと中村のパジャマの柄!
読了日:07月14日 著者:春泥
秘密 (Holly NOVELS)秘密 (Holly NOVELS)感想
最後の充の弟の話すごいよかった。よかったというか充の家族がきちんと苦しんでいたことがわかってほっとした。
読了日:07月14日 著者:木原 音瀬
1122(1) (モーニング KC)1122(1) (モーニング KC)感想
婚外恋愛許可制は別にいいと思いつつ家庭の中に恋愛中でキラキラルンルンの人がいるとイラッとするな…
読了日:07月14日 著者:渡辺 ペコ
邂逅の森 (文春文庫)邂逅の森 (文春文庫)感想
読んでいる間マタギになり息をひそめていました。マタギになれるとは。感動。
読了日:07月03日 著者:熊谷 達也

読書メーター