読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

腐女子になりたかった男子のおはなしだった げんしけん20巻

決着つかねーのかよ!
とはうすうすわかっていたけれども。
斑目にはいつまでも逃げていて欲しいと思うようになってきた。

引き続き波戸くんに注目したいと思います。
波戸くんはラスボス。荻上さんよりめんどくさい。そしてアンジェラによれば斑目の本命。
ハーレムに決着はつかなかったものの、ハーレムメンバーは「やりきった感」あるかな…

矢島さんとの会話、よかったっすね。まじ、面白かった。波戸くんのメタモルフォーゼ先は「女子」じゃなくて「腐女子」であることをすっかり忘れてた。
矢島さんは波戸くんの恋愛対象になる。だって矢島さんは憧れの「腐女子」だから!波戸くんは、ただただ「BLが好き」なだけなんだった。腐女子の仲間が欲しかった、女装は目的じゃなくて手段だった。忘れてた。
いつのまにか女装ありきになってしまって、(女装が完璧すぎるあまり)斑目を好きになってしまって、ジェンダーがあやふやになってしまって、ややこしくなっただけなんだね。
私は前巻まで、「波戸くんいったいどうなりたいねん」と思ってたんだけれども、波戸くんは腐女子になりたいんだなとわかったからすっきり。

なんかさあ、やっぱり矢島さんを推すよ私は。「腐女子になりたい男子」を理解してアドバイスしてくれる矢島さんは波戸くんの救世主でしょう。

ああ、あと、スーを推してた荻上さん、よかったよね。「スーにここまでさせといて選ばないなんてありえないですよ!」なんつってさ…やっぱり荻上さんだってスーに好かれて悪い気はしないってことよね。美少女に好かれるなんてこの世の春だよねえ。