読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

女子高生と入れ替わったら最強? ヤマシタトモコ 『WHITE NOTE PAD 1巻』

ヤマシタトモコの人格入れ替わりもの。
17歳の女の子と38歳のおじさんがある日突然入れ替わる。
新しいのは、ふたりに面識がないことと、ふたりが「元に戻る方法」を模索していないこと。
こういった「おれがあいつであいつがおれで」的設定って、入れ替わったふたりの生活のどたばたやハラハラドキドキを味わうのを楽しむものなんだろうけど、
この漫画は「実際、マジにそんなことになったらどうしますか、又はどうなるとおもいますか」って真面目に考えてみたら、きっとこうなるんじゃないか、実際問題。っていうのを突き付けてくる。
17歳の女子「小田薪 葉菜」になった38歳男子「木根 正吾」は、入れ替わった直後、「最強」「強くてニューゲーム」だと思う。
30代のメンタルで十代女子になるのだから。
元々の葉菜は、冴えない女子高生(スクールカーストは中の中、という非常にわかりやすい設定)だったのに、読者モデルになった。すごい。
「新規巻きなおし感」がすごい。女の人生を謳歌したおしている、そんな印象。


一方、38歳の男性(木根正吾)になってしまった「小田薪葉菜」は、うろたえ、涙を流し、木根の知り合いに助けてもらい、
記憶喪失者として過ごす。
そりゃそうだ…学校だけが、世界の全てだった女子高生にいきなり工場で働けといっても何も出来やしないのだ。(木根は自動車工だった)

ふたりは入れ替わってから1年後に出会いを果たし、木根(体は葉菜)は、自分がモデルをしている雑誌の編集部に、葉菜(体は木根)を雑用として雇い入れる。
そこからふたりの生活は交わり、ふたりは変わってゆくのだけど、これがね、うまくいってる「強くてニューゲーム」状態の木根の方がね、なんか不安定になっていくのだ。おもしろい。
心は体に引きずられていく。
木根は、葉菜の体を使ってモデルになり、野心を持って突っ走る。
葉菜の体に引きずられ、男と付き合い、体を「使って」みる。
一方、葉菜は木根の体を使うことはない。
女子高生の、というか葉菜の素直さで仕事をこなしてゆき、職場での印象はどんどんよくなっていく。

ふたりは記憶を共有する。
自分だけの思い出の風景だったものが、共有されていく。自分が誰だかわからなくなってくる。
いや、自分が誰、というよりも、今までの自分とは違う自分になってゆく。
葉菜は、「もうちがう人間なんだとおもう わたしたち」と木根に告げる。

木根は、葉菜の体を使ってセックスをしたが、葉菜は「誰ともなんにもしたくない」と言う。
木根に、「私の体で何をしてもいい」と言う。
もう葉菜は別の人間になってしまった。
それを「さみしい」とおもう木根。

最初は、自信満々な木根とうろたえてばっかりの葉菜だったのに、1巻の最後には立場が逆転していた。
この逆転していく行程、ふたりが別の人間になっていくんじゃないかという行程に、ぞわぞわが止まらない。


おもしろいわーーー