読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

真崎総子 俺の執事がイケている1巻

俺の執事(♀)がイケている(1) (KC デザート)

俺の執事(♀)がイケている(1) (KC デザート)

久しぶりに最近の少女漫画らしい少女漫画を読む。
本屋で見つけた。
表紙の子、女なのかー!!と思ったら読まずにいられなかった。

とにかく主人公の女の子、類(るい)がいいかんじすぎて私は好き。
家の窮乏のために男装してバイトを始めたら、金持ちの坊ちゃん、祷真(とうま、クソイケメン)に窮地を救われそのまま執事にされ、ついでに同じ男子校にまで通わされる類。
その男子校で、女だってバレなかったらお金がもらえます。
金持ち坊ちゃんはとにかく退屈なのや…。

あらすじだけ読んだら、きっと類は祷真を好きになるんだろなと思われるけど、類の王子様は別にいた。
1巻を読むかぎり、類は祷真の執事としてがんばっているだけで、恋愛感情は皆無な感じだ。良い。

類の王子様は、祷真の従兄弟の遥祈(はるき、クソイケメン)で、早速女バレした類。さっそく。
でも、類は女バレしたから女好きの遥祈にやさしくされたりして、かんたんにときめいたりしててくそかわいいの。
なんで類はこんなに私的にかわいいんかなって考えていたんだけど、類のビジュアルがとことん地味だからかな、と思う。
もちろん、類の男子姿はかっこいいし女子姿はかわいい。
だけど、イケメンキャラに比べてさっぱりしている印象。
性格もキャピキャピしていない、オンナオンナしていないから、くどくならないのかな。
心の中の一人称も「僕」になっていて、びっくりした。心の中なんだから、「私」でいいのに。

類が仕える祷真は女性アレルギー(なぜか類だけは大丈夫)に対して類が恋する遥祈は女性がいないとキレやすくなる、という体質で、この反するふたりの間に類が入ることでどう作用していくのかな。

あと、タイトルに「執事」とあるから、もっと執事っぽさを出してほしい。