読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

アゴタ・クリストフ ふたりの証拠

小説

ふたりの証拠 (Hayakawa Novels)

ふたりの証拠 (Hayakawa Novels)

悪童日記」の続編だ!
悪童日記のラストで、語り手の兄弟は別れてしまった。
そのうちの、「おばあちゃんの家に戻った」ほうの、リュカのはなし。な、名前があるぞ!
というか、登場人物にきちんと名前があって、前作よりよそよそしさは減っているし、
なによりリュカが、マティアスという子供を、本当の子供ではないけどきちんと育てて「おまえは僕の息子だ」とか言って彼が死んだときは悲鳴をあげたので、びっくりした。
しかし、やはり喜怒哀楽がない文章なので乾いてる。
簡単に人はいなくなる。
濃密な時を一緒に過ごした人物でも、あっさりといなくなる。
気付いたらいなかった、くらいのかる~い感じで片付けられる…

そういうふうにして、めまぐるしく登場人物は入れ替わり、物語は展開していくので、先が気になり、気付いたら読み終わってたよ…
おもしろかったよ…
そして一体、リュカに兄弟はいたのか…ほんとうに「ふたり」だったのか?
ということが謎。

リュカがマティアスに言った、
「自分にあまりに辛いこと、あまりに悲しいことがあって、しかもそれを誰にも話したくない時には、書くといい。助けになると思うよ」ってのは、本当だよなあって思います。


悪童日記」の記事もあります。役に立ちませんが
アゴタ・クリストフ 悪童日記 - ただ読んだ本を記録していくだけのここ