読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

新井理恵 ナデシコヤマト1巻

女子なのに女子にキャーキャーもてまくる、そんなイケメン女子が実はむっちゃ乙女、そんな設定も私は大好きだ。

西炯子「STAYシリーズ」の玉井由美ちゃんとか、よしながふみフラワーオブライフ」のシゲとか。
ヤマシタトモコひばりの朝」のとみこちゃんもそんなイメージ。

この漫画の主人公の伊織もこんなイケメン女子で、すげえかっこつけた後に女子トイレでぐすぐす泣いてるような…
なかなかギャップがありすぎ。

社会人の話なので、その「イケメン女子実は乙女」設定がだんだん薄れてきて、仕事の話が中心になってきていて、途中からあ、あれ…??と思う。

だけど、「イケメン女子実は乙女」設定だけで話を進めるのは難しいのもわかる…


伊織の親友の撫子がいい感じ。

しかし、この漫画の作者が「ペケ」(4コマ漫画)の作者だってことに気付くのに時間がかかった。
そういえば、長編漫画は撫子みたいな、キレながらまくしたてる系女子が出てきてたな。

うまくまとまらない。
あまり心を持っていかれなかったってことだ…

他に、「イケメン女子実は乙女」の女の子が出てくる漫画ないかな…