読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

青沼貴子 二十歳は過ぎたけれど

その昔、「ママはぽよぽよザウルスがお好き」という育児エッセイ漫画があったそうで、その育児エッセイに出てきていた子供達が成長してもう立派な大人になってしまった、そのエッセイ漫画。
ママはぽよぽよザウルスがお好き(1)

ママはぽよぽよザウルスがお好き(1)

私は「ぽよぽよザウルス」を読んだことないが、この「二十歳は過ぎたけれど」はとても面白かった!!

私には娘が一人いるが、まだ幼稚園にも行っていない3歳のこわっぱなので、冒頭の「うちは大人が四人います」という文章が、なんかしみた。しみたっつうか「まだ見ぬ未来」すぎてワクワクした。
ああ、私はまだ知らないことだらけだ。
自分の子供が、大人になる日がくるのだ!どんなよ!どないよ!

そして、私には妹と娘しかいたことがないので、「息子」って存在が未知の世界で、ええーこんなんなんだ!ってドキドキした。
作者の青沼さんは、なんとなくだけど娘よりも息子の方に気持ちがあるなーと感じる。
息子とふたりでお買いものにはしゃぎ、バイキングで、自分が取り損ねたハンバーグを息子が持ってきてくれたことにときめき、息子が運転する車に乗れるとはしゃぎ、「はーい」と返事する息子に、「大きいのに、はーい、だって。かわいい」とときめいたりしている。
息子!こんななのか息子!
というか、青沼さんも、なかなかかわいいのだった。

大人(二十歳すぎ)になっても、子供は子供で、まだまだ見守るべき存在なんだなーと思った。