読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

小椋アカネ 彼女になる日another 1巻

彼女になる日 another 1 (花とゆめCOMICS)

彼女になる日 another 1 (花とゆめCOMICS)

性転換もの。

はいはい大好き。大好きなジャンルですよ。しかもこれ、倒錯しすぎてておもしろすぎ。

悪魔や魔法使いがやってきて、えいっ!って性転換してしまうのではなく、漫画の舞台が「男女比を常に一定に保とうとする世界」なので男女比の均衡が崩れると、性転換してしまう人が現れるっていう…仕方ないシステム。うわあ、仕方ない。厚生労働省の管轄。仕方ない。給付金なんかもある。

作中では性転換を「羽化」って呼んでいる。

で、男から女に羽化してしまった中学2年生の相楽って子(表紙の黒い髪の子)が主人公なんだけど、この子には、好きな女の子がおったんですよ。黒川さんていう、キリリとした面倒見のよい女の子。でその黒川さんが、告白してきてくれたんですよ。でも自分、女になっちまってるんですよ。だから正直に言いましたよ、おれはもう男じゃないんだってね。そしたら黒川さん、「うん、知ってる」「実は私も昔羽化した元男なんだ」「どちらかというと女の子の方が好きなんだ私」つう、まさかのお言葉。しかも「相楽が女の子になってうれしい」などとも言ってくれるので、とりあえずふたりは「おともだちから」という関係で仲良くすることに落ち着く。なん?これ?

作者の方も、柱コメントで「相楽と黒川さんの関係は百合なのかBLなのかわからん」みたいなことを仰ってた、私もわからんが、なんかわくわくするんだった。このわくわく感、ふみふみこの「ぼくらのへんたい」以来だ。

もうひとり、成海という男の子も出てくるんだけど、(表紙におるね。)この子も相楽と黒川さんに絡んで、三角関係みたいになる。成海は黒川さんが好きなのだけど、相楽が女の子になったってことを知ってからは相楽との関係もなんかときめきトゥナイトめいてくるのだった。すいません、トゥナイトいりませんでした。とりあえず私は黒川さんのことが知りた過ぎる。

タイトルに「another」ってついているので、本家大元(?)の「彼女になる日」という単行本もあるらしく、そちらも読んでみようと思う次第。ていうか、この本の後半は本家大元の続きの話だった。