読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

伊藤潤二 魔の断片

 

魔の断片 (Nemuki+コミックス)

魔の断片 (Nemuki+コミックス)

 

 私には、「表紙の絵が怖くて触れない本」というのがあって、

それが伊藤潤二の「路地裏」なのだけど、この内容も凄まじく怖くて、

怖すぎて読めない、けれど面白いので本棚には鎮座ましましている、

でも見れないし手に取るのも、ひとりでは怖いので誰か、一緒に本棚まで来て!!

っていうなんと深い存在を示す漫画か。伊藤潤二の漫画ってのは。

よくわからなくなった。

 

中学1年の時に出会ってから虜、怖いけど滅茶苦茶面白くて、出てくる「美人」が本当に「美人」だ!というのでいつまでも追いかけてしまう伊藤潤二の新刊だ。

 

怖いっていうより、不気味で気持ちが悪い…というテイストの話が多かった。

 

家が生き物になってしまうとか、見たこともない内臓とか、顔面がかちこちに凝り固まってしまうとか。

ページをめくって、そこに広がる伊藤潤二の絵のあまりの不気味さに「ギョッ!」とするけれど、触れないほどではない。

 

「路地裏」のような、猟奇的で絶望的な怖さとは、また違うかんじ…

 

 

路地裏 (ハロウィン少女コミック館)
 

 私が持ってる路地裏はこれだ…

こわすぎる…画像検索して後悔しきりだ!!