読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

押見修造 ぼくは麻理のなか3巻

 

ぼくは麻理のなか(3) (アクションコミックス)

ぼくは麻理のなか(3) (アクションコミックス)

 

物語が動きまくりの3巻。

 

麻理の体で生理が始まって、しかも路上で、で、うずくまって唸るしかない功!(麻理)。

そらショックだろショックだろ出血は格別だろう怖いだろう!腹いてえだろう!

「出先で生理が始まってしまったので、コンビニでナプキンを買い、トイレに行き、ナプキンを装着する」という、女性ならごくごく普通に、日常的に行われているこの一連。

これが、もう生きるか死ぬかっての気迫の中行われるって…

なんだこの漫画…

おもしろすぎる。

生理描写も「そこまでしなくても!やめてっ!」って思うくらい生々しく(パンツをおろすと血がべっとり、の図が見開きでバーンとか)、女性の私でもちょっとドキドキしたので男性の場合はどうなんだ。ドキドキは如何ばかりか。救心救心。

女は大変なんだよ。

 

他に、2巻でゲームの話で盛り上がった男子、ヒロキ(麻理の親友の彼氏)に「今度うちで一緒にゲームしようよ」と下心丸出しで言われたのに対して「気持ち悪い…」と思うところとか、功は麻理になることで「女性として生きることの大変さ」みたいなものをどんどん押しつけられている。

これは、麻理が美しく生まれついているのもあるかもしれないけど、生理用ナプキンを買う時の、レジの男性従業員の目、上記のヒロキの目などに晒される時の嫌悪感。

別に何かされたわけではない(ヒロキからはされたが)けれど、女性の視点でしかわからない怖さを功は味わっている。

なんて言ったらいいのか…

こっちは全然そんな気ないのに、誰かの性欲の対象にされてしまう怖さ…かなあ。

痴漢なんかに遭ったら滅茶苦茶怖いよ。

 

さて、そんなヒロキとのやりとりがきっかけで、親友・ももかとの関係は壊れ、女子グループから外され、クラスではひとりぼっちになるわ、母親には「麻理じゃない、小森功だ」って言っちゃうわ、麻理の姿のまま自分に会いに行っちゃうわ、などなどで最高に面白い。

 

あとがき漫画も最高に面白いし次回が楽しみです。

押見さんのエロスの原体験。

 

1,2巻の記事

押見修造 ぼくは麻里のなか1,2巻 - ただ読んだ本を記録していくだけのここ

 

「麻理」を「麻里」と間違えていた。

超みっともない。ああ、恥ずかしい。

(直しました)