読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

かわかみじゅんこ 日曜日はマルシェでボンボン4巻

日曜日はマルシェでボンボン 4 (愛蔵版コミックス)

表紙かわいいのででかい画像。

かわかみじゅんこも大好きだよ。新刊嬉しいよー!

 

最近、主人公のジュリエッタよりも、ジュリエッタの伯父のラファエル氏が活躍(?)している。登場回数が多い。

ラファエルおじさんの話が2話入っているが、そのふたつがとてもよかったのだった。

ラファエルおじさんは、ゲイだ。ゲイだけど、結婚して、子どもをもうけて、離婚している。(妻に逃げられた)

ゲイというより、バイってかんじだな。

 

ひとつめは、年下の女の子、眼鏡で、冴えない、ガリ勉タイプの子との、恋の話で、ラファエルが、その女の子がお湯を沸かすのに失敗して、

「お湯を

わかしたことも

ないのか君は」

って後ろから抱く、そのコマがすげえかっこよくて切なく、どきどきした。

 

もうひとつは、少年時代、ひそかに憧れていた友達と再会する話。

クリスマスで、憧れていた友達はホームレスになっていたのだった。

昔、彼と大人になることについての話をしたの思い出す。

ホームレスの彼は、ラファエルに、金を貸してくれないか、と言う。

少しでいいんだ。必ず、必ず返すから。

もちろんだよ、と思い、お金を貸したラファエルは、彼と別れた後に少し考えて踵を返し、彼を追いかけ、キスをする。

これでチャラにしよう。

 

あれ、これってBLだったっけ?

なんだか良質なBLも読めたな。なんだかお得感。

 

まあいいや、とにかくラファエルおじ様(おじ様になっている)の話がものすごくいい。

淡々と進む物語の奥底に、何か不穏でいて熱い激流のようなものが流れている感じ。

そうそれがフランス、って感じ。

 

フランスのことなんて知らないけど、かわかみさんの目を通したフランスは、面白いなって思う。

 

ジュリエッタの、遭難する話と、未来の自分と電話をする話も好みだった。

あの子はほんとは女の子。