読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

佐野洋子 コッコロから

 

コッコロから (講談社文庫)

コッコロから (講談社文庫)

 

 この、やる気のない装丁…

だっさいフォント…

全てがどうでもよくなるくらい、いい話だった…

裏表紙には、「打算に走らず自分の心に正直で真直ぐな亜子の、爽快で抱き締めたい程可愛い恋物語」とある。

うん、抱きしめたい。

 

フィクションにおいて恋愛は、美男美女がするものだという暗黙の了解(私の中で)をブチ壊し、こんなことは思ったことがなかったが初めて、「私も恋愛したい!!」と思ってしまった恋愛小説であった。

 

主人公、こけし顔の亜子ちゃんは、ただのこけし顔ではない。

「見てると安心する」ような、何とも言えない顔らしい。

もう全然想像できないけど、東大生で家柄もよく、男前のマコトくんはそんな亜子ちゃんを好きになってしまい、亜子ちゃんもマコトを好きになっていくんだよねえ。

マコトは、ジョン・ローンのような顔をして、外車で迎えに来てくれ、バラの花束なんかを送ってきたりする。別荘に招待してくれたり、もうなんか、完璧なのだ。

私が説明しただけでは、「ケッ」って感じなんだけど、佐野洋子の手にかかればあら不思議、私もマコトの魅力にどっぷりだ。

もちろん、亜子ちゃんも、ものすごくかわいく、なんていうか…

解説の角田光代も言っていたんだけど、「亜子ちゃんになりたい」という、メラメラとした欲望が湧き上がってくるのだった。

ああ、「恋愛したい」じゃないな、「亜子ちゃんになりたい」んだな。

 

自分に、次、娘が生まれるようなことがあれば、「亜子」と名付けたいくらいだ。

 

そうそう、マコトには大人の女のセックスフレンド的なものがいたのだけど、CAでさ、この人、思いっきり…矢沢あいの『NANA』の凌子さん(シンと付き合ってたショタ女)みたい…

CAのイメージ、悪!!