読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

近藤ようこ 五色の舟

 

 あー、超面白かった。

面白かったっていうか、私の趣味ドンピシャっていうか、読みながらドキドキが止まらなかった。

「戦時を凛凛と生きる、見世物一座の旅。」

と帯にはあった。

私、見世物一座に弱いんだよ…

もうこれは丸尾末広のせいなんだと私ははっきりと言える。

こう…グロテスクなものを、恐々見る感じ。

本当は、うわあ、すごいすごいって目を爛々とさせて見てはいけないんだろうけど

どうしても見たい、見てしまう。

うう、背徳。その背徳を背負いながらも

「見てものは見てえんだ!」って見ちゃうんだよね。

って、私は見世物一座を見たことなんかないのだけど。

 

近藤ようこの絵は、シンプルなようでいて、ものすごい凄味がある。

だから、腕のない和郎なんか、顔はかわいいのにぞわぞわした。

ふたりの桜もぞわぞわした。(双子が腰でくっついている)

そのぞわぞわが、ずっと続く。

 

この本、大事にしよう。

 

原作の、津原泰水という作家は初めて知った。

もうこれは原作も読まなければならん。