読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

小林泰三 家に棲むもの

 

家に棲むもの (角川ホラー文庫)

家に棲むもの (角川ホラー文庫)

 

 どろどろが欲しくてホラーを読む。

角川ホラー文庫は探しやすい。背表紙が黒いから。

借りてきた。

 

小林泰三は初めて読む。

玩具修理者」や「アルファオメガ」が有名だけど

それは後で読もう。

 

しかし文がまわりくどくて読むの疲れた。

まわりくどいから「このまわりくどさ…さては結末にスッキリ解決だなさては!!」

と思って頑張って読み進めるも

あまりスッキリしない…っていう…

 

短編集なんだけどほとんどそんな感じ。

肉の話は気持ち悪くてグロくてやな感じでよかったかな。

苺ミルクんとことか。

 

しかし 

結論・あまり合わない。

 

有名なのは面白いのかなあ。

でも文体は同じだろうしなあ。

 

気になったのは、登場人物の、女性の名前が、なんかヘンなこと。

「易子」「練子」「柱子」

など。漢字がヘンだ。

普通の人もいたけど。