読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

倉橋由美子 スミヤキストQの冒険 プンタと半ケツワンピ

続き読む。

今日は、プンタのところまで。

 

プンタ…自分で自分の頬に平手打ちを食わせるという懲罰または懺悔。

 

ここでも「うげえーー!!」(吐く)な描写は容赦ない。

 

彼女は(中略)Kの眼と口をあけさせて調べ、(中略)Kの口にスポンジを押し込んだ。歯や歯ぐきや舌を傷つけないための措置らしかった。少年はびっくりしたように眼をみひらいてそれをほおばったが、たちまち吐きだした。スポンジとともに消化の途上にある食物も吐いた。(中略)なぜなら、スポンジはこれまでに同じ目的で何回か使用され、一度も洗ってなかったからである。

 

うげえーー!!そんなん書くーー!?

 

ふふふ。

 

やっぱもう少し読もう、ということで、

競犬のところまで。

ここでは、看護婦のサビヤの姿態…嬌態?がみどころ。

 

上衣にしては長くコートにしては短すぎる黄金色の服から、臀部の二つの半球以下、二本のよく陽にやけた脚をむきだして立っているサビヤであった。

私はこのサビヤを「半ケツワンピのサビヤ」と呼んでいる。

半ケツワンピのサビヤは、Qとの会話の途中、腕組みをしながら服の裾をあげてゆき、

Qに「なにをそんなにみているの?あっちへいって」と言って

ある目的を充足するために背を向けてしゃがみこむんだけど、

この「ある目的」っていうのは…

小用を足す、でオッケーですかね。