読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

吉村達也 時計

 

時計 (角川ホラー文庫)

時計 (角川ホラー文庫)

 

 中学生の頃、吉村達也の「文通」を読んで、

もう怖くて怖くて本をブン投げてしまいそうになるほど怖くて

正直、もう本に触るのも嫌、もう字が怖い、

という領域にまで達したわけだけど、

これは全然怖くなかった。

 

BIB,か…ピノコみたいなものだな?

と思ったら怖くないっていうかかわいいんじゃない?

 

あと、

「ホルマリンのプールに漬けられた死体を沈めるバイト」っていうのは都市伝説のようだ。

よく考えればわかるやろって感じだった。

しかしこのホルマリンプール、広まったのは

大江健三郎の「死者の奢り」が原因だったとは。

(この小説が発表された当時はあったんだろうけど)

私、大江健三郎、読んだことないわ。

こら、読まなければ!