読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

倉橋由美子 スミヤキストQの冒険

 

スミヤキストQの冒険 (講談社文芸文庫)

スミヤキストQの冒険 (講談社文芸文庫)

 

 

この倉橋由美子もいいよねえ。

これも何回読んだことか。

「どこでもない場所」感がすごくて、

登場人物たちのグロさが、倉橋由美子のえげつない文章からじわじわしみだしていて

最高だね。

 

今日は冒頭しか読んでいないけど、

 

「第一、こいつらの顔をみてごらんなさい。これが顔といえるとしての話ですが」そういうと守衛長は大粒の生牡蠣のような唾を吐いた。

 

この比喩…うげえーーっ!!生牡蠣ーー!!

 

だが それがいい

 

これから、人間の概念を絶するほど太った院長、

その院長の体剃りをする看護婦のサビヤ、

すんごいワキガでカニみたいな醜悪な同室者、

読んだだけで吐き気をもよおす肉料理などが

ずらずらずらっと出てきて悶絶。

 

だが それがいい