読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

山本文緒 イバラ咲くおしゃれ道

小説

 

みんないってしまう (角川文庫)

みんないってしまう (角川文庫)

 

 

この、山本文緒の短編集、かなり好き。

かなりお気に入り。

山本文緒のいじわるな考え方が大好きだ。

 

収録されてる短編は、みんな面白いと思うんだけど

「イバラ咲くおしゃれ道」が一番好き。

この作品に出てくる、「鶴ちゃん」という女の人が私は大好きなんである。

 

おしゃれが大好きで、

それはもう上質な洋服をたくさん持っているんだけど

口癖は「着ていく服がない。」

29歳処女なのを気にしていて、

じぶんはぶすでミーハーで低俗でセンスがないと思っている。

片思いの男の人は結婚してしまう。

 

しかし、同居しているいとこの安奈は

鶴ちゃんは美人だと思っていたのでびっくりする。

 

失恋した鶴ちゃんは、自分が持ってる服を全部売ってしまう。

ギャルソンもマーガレットハウエルもナラカミーチェもプラダもマックスマーラもシャネルも。

しかし、古着屋に行った帰り、鶴ちゃんは「伊勢丹に行かない?」と安奈に言う。

秋物を買うのだ。

なんだかワクワクする。

きっと、きれいな洋服がたくさんある。それを買ってもいいのだ。

私も鶴ちゃんみたいに、あほほど洋服を買ってみたいものだ。