読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ読んだ本を記録していくだけのここ

ただ読んだ本を記録していくだけです

大道珠貴 タンポポと流星

小説

しょっぱいドライブ (文春文庫 (た58-2))

しょっぱいドライブ (文春文庫 (た58-2))

 

この人の小説、しんどい。

読んでるとしんどい、登場人物がみんなしんどい。

 

「全然なんにも考えてない人」がよってたかって生活をしている、という感じがして

もちっとしっかりせえよ!!

と激を飛ばしたくなるのだった。

 

主人公の女の子の頭悪そうなことったら、

と思っていたらさらにその子より頭悪そうな子が出てきて

もおお!!ってなる。

そしてその何も考えていない、頭の悪い、人に流されてでもしっかりノーと言えなくて

っていう、もう言ってしまえば

「みそっかす」のような…

そしてそれに甘んずることを潔しとしているというか、

そんな雰囲気がダダ漏れしていてしんどい。

しかし、登場人物たちのあけすけな福岡弁、

それが明るい感じにさせている。

方言を活字で見るのは結構好きだ。

 

「しょっぱいドライブ」に収録されてる作品でした。